バックナンバー

介護の凄い情報

施設の雰囲気を把握しよう

介護施設の雰囲気とは

介護施設特有の空気間について

介護施設は日本の全国に点在しており、その数は増える一方です。介護施設の雰囲気も様々ですが、内装はものや配色が少なく落ち着いた印象があります。介護が必要な方は高齢の方が多く、その方々が育ってきた環境は現代のようなものと色彩に溢れている環境ではありません。また施設内の雰囲気も落ち着きすぎていると刺激が少なくなってしまいます。そのため適材適所に褐色系の壁や物・扉などを配置している場所も多いです。そのため過度に刺激が多いわかけではないが、刺激が少なすぎない程度に配慮しています。そのため表現としては落ち着いた雰囲気という表現が適切とされています。実際に介護施設に入所している人はその雰囲気を好まれている傾向にあります。施設に入所している人の中にはなれない環境に加えて絶えず人が行き来する環境にストレスを抱えてしまうケースもあります。そのため入所者のストレスを減らすうえでも環境づくりは重要となります。そのためにも内装の雰囲気を落ち着いたものに変えることでストレス緩和を図ることが出来ます。それはこれから先の生活を穏やかに過ごしていただくうえでも非常に重要な要素となります。そのため生活するだけの環境ではなく、快適な環境づくりが求められます。

↑PAGE TOP